夏の白馬旅行[白馬五竜]おすすめの観光地をご紹介

最終更新日:2019年07月07日
夏の白馬旅行[白馬五竜]おすすめの観光地をご紹介のイメージ
夏の白馬旅行[白馬五竜]おすすめの観光地をご紹介のイメージ
夏の白馬旅行[白馬五竜]おすすめの観光地をご紹介のイメージ
夏の白馬旅行[白馬五竜]おすすめの観光地をご紹介のイメージ
夏の白馬旅行[白馬五竜]おすすめの観光地をご紹介のイメージ
夏の白馬旅行[白馬五竜]おすすめの観光地をご紹介のイメージ
夏の白馬旅行[白馬五竜]おすすめの観光地をご紹介のイメージ
夏の白馬旅行[白馬五竜]おすすめの観光地をご紹介のイメージ

夏の白馬は魅力がいっぱい!夏の白馬五竜では周辺の山々の眺望や美しい高山植物を楽しむことができます。麓のエスカルプラザ、山頂付近のアルプス360など利用施設も充実。
夏に白馬五竜へ旅行する際に訪れたい、おすすめスポットをご紹介!


-目次-

・白馬五竜高山植物園
・テレキャビン・展望リフトで空中散歩
・ゴンドラ山頂アルプス平駅
・ロックガーデンで高山植物を学ぶ
・絶景を望むトレッキングコース
・標高1,515mで星空観賞「ナイトゴンドラ」
・楽しみ方いろいろ「エスカルプラザ」
・東京⇒白馬五竜アクセス情報


 

白馬五竜高山植物園


白馬五竜高山植物園

白馬五竜高山植物園は標高1,515mに広がる日本有数の高山植物園です。雪解けの始まる6月から10月の紅葉シーズンまで、300種以上200万株の様々な高山植物を見ることができます。ヒマラヤンブルーが美しく、幻の花ともいわれる「メコノプシス・グランディス(ヒマラヤの青いケシ)」やピンクのグラデーションがかわいらしい「コマクサ」の群落、鮮やかな黄色の「ニッコウキスゲ」など色とりどりの花が咲き乱れます。


白馬五竜「花期ごとの花図鑑」はこちら

白馬五竜高山植物園では、歩行が困難な方でも施設を楽しめるトレイルライダーを備えています。トレイルライダーとはアウトドア仕様の一輪車で、スタッフが二人で運転をするので、アップダウンがある道でも、安定して散策を楽しむことが可能です。散策が難しいと考えていた方も、ぜひこのサービスを利用して、白馬五竜の自然を体感してみてはいかがでしょうか。
トレイルライダー詳細についてはこちら

 

テレキャビン・リフトで空中散歩


8人乗りゴンドラ「テレキャビン」

麓のとおみ駅から山頂アルプス平駅までを結ぶゴンドラ・テレキャビン。約2km、約8分間の空中散歩では白馬の大パノラマを満喫できます。


アルプス展望ペアリフト

ゴンドラの到着地であるアルプス平駅より少し下ると、植物園最上部のアルプス平自然遊歩道まで楽々行けちゃうアルプス展望リフトに乗車できます。足元には花畑、見回せば雄大な白馬の山々が取り囲む、360°の大自然のパノラマ。とっても贅沢な時間を過ごすことができます。

■ゴンドラ「テレキャビン」・アルプス展望ペアリフト基本情報
営業期間:2019年6月15日(土)~10月27日(日)
営業時間はこちらより
往復(ゴンドラ+展望リフト)料金:おとな¥2,200・こども¥1,100
施設URL:http://www.hakubaescal.com/shokubutsuen/gondola/

 

ゴンドラ山頂アルプス平駅

アルプス大展望台

アルプス大展望台

ゴンドラ山頂駅の駅舎屋上に設置された展望台。植物園全体を一望することができ、さらには五竜岳、白馬岳など周辺の山々も間近に見えます。遠くは志賀高原、浅間山、八ヶ岳なども望み、素晴らしい眺望が目の前に広がります。

山頂レストランあるぷす360

ゴンドラ山頂駅に併設する山頂レストランあるぷす360ではアルプスの景色を眺めながら食事や喫茶を楽しむことができます。ビーフシチューやうどんなどのお昼ご飯に嬉しいメニューから、お花のクレープ屋ソフトクリームなどちょっと休憩にぴったりのメニューまで様々揃えています。

■施設情報
営業期間:2019年6月15日(土)~10月14日(日)
営業時間:9:30~16:00(ラストオーダー食事15:00/喫茶16:00)

 

ロックガーデンで高山植物を学ぶ


白馬連邦高山植物生態園

スイスアルプスヒマラヤエリア

スキー場のゲレンデに組み上げられたロックガーデンは広大で、斜面になっているため観察にも適していることが特徴。白馬連邦高山植物生態園は、北アルプス白馬岳付近で見られる高山植物を標高、植物群落毎に植栽し、身近に高山植物を学ぶことができます。スイスアルプスヒマラヤエリアでは、外国産の高山植物を植栽展示しており、希少なヒマラヤの青いケシも6月下旬から7月下旬にかけて見ることができます。

 

絶景を望むトレッキングコース


アルプス平自然遊歩道

地蔵の頭

白馬五竜高山植物園上部は日本百名山「五竜岳」への登山ルートとなっています。その途中には、初心者でも白馬登山が気軽に楽しめるトレッキング・ハイキングルートがあり、レベルに合わせて楽しむことができます。

○アルプス平自然遊歩道
(アルプス展望リフト下車~1周約30分)
アルプス展望リフトを降りた場所から、一周約30分で気軽に散策ができる遊歩道。蛇紋岩(じゃもんがん)という特殊な地質のため、珍しい高山植物を見ることもできます。ハイキングの途中には景色の良い地蔵ケルンや水辺の自然に触れられる地蔵の池などもあり見どころもたくさん。

○見返坂トレッキング
(地蔵の頭~片道約20分)
往復約40分ほどで白馬のトレッキングが楽しめるお手軽コース。登山道は急ですが、しばらく進むと見晴らしのいい「見返り坂」に到着します。標高1,740m地点からは、雨飾山や戸隠連峰、志賀高原を望む絶景が広がります。

○小遠見トレッキング
(地蔵ケルン~片道約90分)
小遠見山山頂までのトレッキングコース。階段が多く、登りが続くためややハードなコースですが、標高2,007mからの360°圧巻の大パノラマを目の当たりにすることができます。秋の紅葉シーズンも美しくおすすめです。小遠見山トレッキングマップはこちらより(PDF)

白馬五竜トレッキング情報ページはこちら

 

山頂で星空観賞「ナイトゴンドラ」


ナイトゴンドラ

7月中旬~10月上旬の特定日に、ゴンドラテレキャビンの延長運行が行われます。標高1,515mの澄んだ空気の中、目の前に広がる満天の星空と白馬村の夜景は圧巻です。高山植物の夜の姿や、漆黒の闇の中そびえる北アルプスなど、日中とは違った山の姿を見ることができます。上部は冷えるため、長袖の上着やシャツなど防寒着をお忘れなく。

■ナイトゴンドラ基本情報
営業期間:2019年7月13(土)~10月13日(日)の土日・特定日
営業時間:上り19:30~20:00/下り21:00~21:30
参加料金:大人¥2,000・小人¥1,000(ゴンドラ往復・ガイド付)
詳細URL:http://www.hakubaescal.com/shokubutsuen/gondola/night/

 

楽しみ方いろいろ「エスカルプラザ」

麓のゴンドラ出発地には、食事や買い物、温泉にも入ることができる便利な利用施設エスカルプラザがあります。

エスカルガーデン

エスカルガーデン

エスカルプラザはスキーシーズンもゲレンデと隣接した、便利な施設として好評ですが、夏には色とりどりの花が咲く庭園エスカルガーデンとして訪れた人を楽しませてくれます。

エスカルガーデン内では、白馬の水解け水が流れる小川を眺めたり、白馬の人気スポット幸せの鐘を鳴らしてみたり、とのんびりと過ごすことができます。7月14日(土)~8月26日(日)の夏休み期間には家族や仲間で遊べる五竜でまるごと夏休みが開催。ウォーターボール、クラフト体験、かぶとむし園、ガーデンBBQなど内容盛りだくさん!

豊富なレストラン・カフェ

○お食事処 緑の食卓はる

手打ち蕎麦が自慢のお食事どころ。あらたな白馬のご当地メニュー白馬ガレットもおすすめです。

■施設基本情報
営業期間:2019年6月15日(土)~10月27日(日)
営業時間:10:00~16:00(食事~15:00)

 

○Doragon Cafe

濃厚プレミアムバニラソフトクリームが大好評!夏には竜に見たてたドラゴンソフトも登場です。アイスコーヒー・生ビールなど各種ドリンクを取り揃えています。

■施設基本情報
営業期間:2019年7月13日(土)~10月27日(日)
営業時間:10:00~16:30

エスカルショップ

白馬エリア最大級の広さと豊富な品揃え。信州の特産・名産品や白馬五竜限定のお土産もご用意しています。マルシェ信州では白馬村、小川村、大町の毎朝採れたての新鮮野菜も購入できます。

■施設情報
営業期間:2019年6月15日(土)~10月27日(日)
営業時間:8:00~17:00

白馬姫川温泉「竜神の湯」

気軽に立ち寄れる温泉施設。トレッキング・登山で汗を流していってみてはいかがでしょう。泉質は弱アルカリ性で、疲労回復にぴったり。サウナや水風呂も完備しています。

■竜神の湯基本情報
営業期間:2019年7月13日(土)~9月1日(日)、9月7日(土)~10月20日(日)までの土日祝
営業時間:10:00~17:00(最終入場16:30)
ご利用料金:おとな¥650・こども¥350・小学生未満は無料/フェイスタオル¥100・レンタルバスタオル¥200
アメニティ:シャンプー・リンス・ボディソープ・ドライヤー

 

東京⇒白馬五竜アクセス情報

[電車利用]
・東京駅=JR北陸新幹線(約1時間50分)=長野駅[東口バス乗り場]=特急バス長野・白馬線(約1時間)=白馬五竜
・新宿駅=JR中央線特急あずさ(約2時間30分)=松本駅=JR大師線(約1時間30分)=神城駅=白馬五竜
[車利用]
・東京=関越・上信越自動車道(約3時間30分)-長野IC(約50分)=白馬五竜
・東京=中央・長野自動車道(約3時間)=安曇野IC(約1時間)=白馬五竜

アクセス情報(電車・車)URL:http://www.hakubaescal.com/shokubutsuen/access/

 

 

東京から新幹線とバスで約3時間30分、車で約4時間ほどの白馬には雄大な大自然を満喫するスポットがたくさんあります!白馬五竜にはここでしか見ることができない高山植物や、絶景が楽しめるトレッキングスポットなど夏の旅行にぴったりの観光地が充実。今年の夏は白馬五竜の大自然の中でゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

写真引用元:HAKUBAVALLEY白馬五竜高山植物園ホームページ

一覧に戻る

こちらもオススメ

子ども連れでも安心!新幹線で行くファミリーにおすすめの5スキー場のイメージ

子ども連れでも安心!新幹線で行くファミリーにおすすめの5スキー場

エイブル白馬五竜&Hakuba47ウィンタースポーツパーク(長野)-ゲレンデ周辺のおすすめ宿5選-のイメージ

エイブル白馬五竜&Hakuba47ウィンタースポーツパーク(長野)-ゲレンデ周辺のおすすめ宿5選-

車でスキーに行くなら「高速道路ICに近いゲレンデ」が◎のイメージ

車でスキーに行くなら「高速道路ICに近いゲレンデ」が◎

PAGE TOP