スキー・スノーボードツアーで行く東北のスキー場

東北エリアの人気スキー場をご紹介!コース数やリフト本数、ゲレンデマップを一覧で掲載しています。初心者、ファミリー、カップル向けなどトラベルインおすすめのスキー場は要チェックです!

マップから探す

ゲレンデマップを表示

Loading...

東北エリアのゲレンデ
によくある質問

東北エリアで初心者におすすめスキー場は?

東北エリアには初心者や小さなお子様連れでも楽しめるスキー場が豊富です。ホテルと隣接したファミリー向けスキー場のリステルスキーファンタジアや、ゆるい幅広傾斜が多いグランデコスノーリゾート、猪苗代スキー場は特におすすめです。

東北エリアで温泉があるおすすめスキー場は?

東北エリアには周辺に温泉宿が充実しているスキー場が数多くあります。温泉街で立ち寄り温泉も楽しめる山形蔵王温泉スキー場や、露天温泉付きのリゾートホテルが充実したグランデコスノーリゾート、リーズナブルな温泉宿が豊富な猪苗代スキー場は特に人気があります。

東北エリアのスキー場でおすすめの宿・ホテルは?

スキー場から近く、露天温泉付きのや旅館タイプ・リゾートホテルタイプの宿が人気です。グランデコスノーリゾートの裏磐梯レイクリゾートや、山形蔵王温泉スキー場のルーセントタカミヤ、ホテル樹林など満足度の高い宿がたくさんあります。年末年始や連休は特に人気があるので早めの予約がおすすめです。

東北エリアのスキー場のオープン時期は?

例年11月下旬から12月上旬にオープンします。積雪状況に応じてオープン日が遅れることがあるので、旅行前に各スキー場のゲレンデ状況を確認しておきましょう。標高が高いグランデコスノーリゾートや蔵王温泉スキー場は例年5月頃まで営業しているロングシーズンのスキー場です。

東北エリアのスキー場でオープンが早いのはどこ?

初滑りにおすすめ! 東北エリアで11月オープンのスキー場

東北エリアで11月オープンのスキー場
雪の多い東北エリアでは、11月にオープンするスキー場があります。岩手県にある「安比高原スキー場」や「夏油高原スキー場」は例年11月下旬にオープンします。今シーズン、スキー・スノボを誰よりも早く楽しみたい方は、ぜひこちらのスキー場をお楽しみください!

本格シーズン到来! 12月オープンのスキー場で良質な雪を楽しむ

12月オープンのスキー場
東北エリアはいよいよ本格的なスキーシーズンに突入していきます。
12月にオープンするスキー場は多く、福島県の「星野リゾート 猫魔スキー場」「青森スプリングスキーリゾート」は今シーズン12月上旬にオープン予定、「猪苗代スキー場」「雫石スキー場」は 12月下旬にオープン予定となっています。その他「グランデコスノーリゾート」が、積雪の状況次第で12月上旬オープン予定です。

東北エリアのスキー場が人気の理由

人気の理由①良質の雪質とパウダースノー

東北エリアのスキー場
東北エリアのスキー場の特徴は、サラサラの軽い雪がたっぷり積もることと、シーズンを通して安定した降雪量があることです。最近は、その良質の雪をあえて圧雪せずにパウダースノーを堪能できるコースも多くなっています。なかにはツリーランゾーンなど、ふわふわ浮くような滑り心地を味わえるコースを設置したスキー場も増えてきています。
東北エリアのスキー場は標高が高く、コースから日本海を眺望することができ、きれいな山地や湖などの絶景をバックに滑走することができるスキー場が多いのも魅力の1つです。

人気の理由②ファミリーで楽しめるスキー場の設備が充実!

ファミリーで楽しめるスキー場
ファミリー層が楽しめるスキー場が多いのも、東北エリアのスキー場の特徴です。福島県にある「リステルスキーファンタジア」は、子どもからパパ・ママまでファミリー全員で楽しめるキッズパークが常設されています。人気の雪上ストライダーやソリ遊びにも便利なムービングベルトもあるので、ぜひ試してみてください。
また、岩手県にある「安比高原スキー場」には、子ども向けレッスンが充実しており、3歳から参加可能な「ハッピーキッズスクール」、小学生対象の「ジュニアレッスン」も用意されています。

人気の理由③中・上級者向けコースの最長滑走距離は全国最長級!

中・上級者向けコース
スキー・スノボ中・上級者ともなると、山頂からノンストップで長距離を滑走するのがスキーの醍醐味という人も多いかと思います。東北エリアのスキー場で中・上級者向けのコースがあるのは、山形県の「蔵王温泉スキー場」です。最長9,000mの滑走が可能で、蔵王連峰を眺めながらロングランすることができるのは蔵王温泉スキー場のおすすめポイントです。
次にスキー・スノボ中・上級者におすすめしたいのが、福島県にある「グランデコスノーリゾート」です。裏磐梯の絶景を楽しみながら4,500mの滑走が可能で、近場で温泉も楽しめる東北屈指のスノーリゾートをぜひ体験してみてください。

東北エリアのスキー場は、バスツアーが便利!

バスツアー
雪深い地方であり、数多くのスキー場が存在する東北エリア。首都圏からは福島県のスキー場へのアクセスが便利です。しかし、新潟などと異なり新幹線の止まる駅から離れているスキー場がほとんどです。シャトルバスが運行しているスキー場もありますが、最寄り駅からも40分〜120分程かかります。
また、車でのアクセスは高速道路を利用すると便利なスキー場も多く、一般道も整備されています。しかしスキーシーズンになると高速道路、一般道に限らず、雪による通行止めが毎年発生しています。チェーン装着やスノータイヤの準備、凍結した雪道での慣れない運転のことを考えると、バスツアーをおすすめします。
トラベルインのバスツアーでは、宿泊ツアーや日帰りツアー、出発時間を選ぶことができるなど多くのバリエーションが用意されています。詳しくは詳細ページをご覧ください。

東北エリアのスキー場はスキー・スノボだけじゃない!樹氷を楽しめるスキー場も

一生に一度は見てみたい蔵王温泉スキー場の樹氷

蔵王温泉スキー場
東北エリアのスキー場ではアスピリン・スノーと言われる良質な雪質と、ダイナミックな絶景を楽しむことができます。そのなかでも一番のおすすめは、山形県の「蔵王温泉スキー場」です。
世界中から珍しい景色を見るために毎年多くの観光客が訪れます。樹氷は、1月が成長期といわれており、2月が最盛期となり一番の見頃です。
蔵王の樹氷素晴らしい理由は、日本海の水蒸気を含んだシベリアからの季節風が、亜高山帯に生育する針葉樹のアオモリトドマツに吹き付けることで、枝や葉の隙間に雪が取り込まれて固まったものだと言われています。平均気温マイナス10℃からマイナス15℃という気象条件の中で、平均風速10mで吹き付ける風により幻想的な樹氷が生まれるのです。
蔵王山では、山頂まで向かう蔵王ロープウェイは、そんな自然の生み出す芸術の壮大な姿を360°パノラマビューで楽しむこともできます。レストラン山頂では、さまざまな照明でライトアップした樹氷を眺めらながら食事することも可能です。

温泉も満喫できる! 東北エリアのスキー場

東北エリアのスキー場
蔵王の樹氷に磐梯山や猪苗代湖のダイナミックな絶景と、良質な温泉を楽しめるのが、東北エリアのスキー場の醍醐味です。東北エリアのスキー場は遠いイメージがありますが、さまざまな方面からのバスツアーもあるため宿泊施設が充実しており、スキー場に隣接しています。温泉もバリエーションに富んでおり、スキー場内の立ち寄り湯や近隣の温泉街など、アフタスキーも楽しめる要素がもりだくさんです。
また、色々なスキー場を1度に楽しみたい人におすすめしたいのが、隣接したスキー場を行ったり来たりできるスキー場巡りです。福島県では、「猪苗代スキー場」「裏磐梯スキー場」「北日光高畑スキー場」が提携しているため、スキー場巡りをすることができます。

ぜひ体験してほしい! 東北エリアならではのパウダースノー

パウダースノー
東北エリアのスキー場は、場所によっては北海道に勝るとも劣らぬパウダースノーを体験できます。おすすめしたいのは、福島県にある「猪苗代スキー場」です。雪質を生かしたコースレイアウトで、山頂付近に非圧雪エリアやパウダーエリアが数多く設定されており、パウダースノーを長距離滑走することができます。市街地から比較的近く、アクセスしやすいのもおすすめポイントです。
また、岩手県にある「安比高原スキー場」は、北緯40度に位置しており最大標高は1,300m超え。さらに北斜面に立地することから、極めて水分の少ない良質な雪を楽しむことができます。地吹雪が多いエリアのため、かなり冷えこむ時期があるので天気やコンディションをしっかりチェックして準備しておきましょう。

お得なリフト券購入なら WAmazing SnowWAmazing Snow
トラベルインLINE公式アカウントLINEフッター用画像
リフト券パックSnowTicket(STA株式会社)SNOWTICKETリフト券パック

お申込みされた方へ必ずお読みください

お電話でのお問い合せはこちら

050-3176-7977

10:00~18:30(平日)
10:00~18:00(土日祝・年末年始※12/30~1/3)