新島は都内からジェット船で、わずか2時間で行ける離島のリゾートとして有名です。手軽に島旅を体験してみたいという方に断然おすすめのスポット。
美しい海と手つかずの自然が満喫できます。そんな新島のおすすめ観光スポットや必ず食べてほしいグルメをご紹介します。

東京の島~新島~ 旅行前に知っておきたいコト

ここでは、新島に行く前に知っておきたい情報をお伝えします。新島への交通手段や、旅行日の気候、今は欠かせない島が行っているコロナ対策も紹介しています。皆様が安心して楽しんで旅行に行けるように知っておきましょう!

1-1.アクセス

新島への様々なアクセス方法を紹介します。海からも空からも行けるので自分に合った行き方を探してみてください。

◆高速ジェット船
東京(竹芝)⇒約2時間20分(直通)

◆大型客船
東京(竹芝)⇒約8時間30分

◆飛行機
調布飛行場⇒約40分

1-2.気候

新島の平均気温は16.7℃ 東京よりもやや温暖で、真夏は海風のおかげで都内よりは過ごしやすい天候
サーファーの方は波のある春(5-6月)、秋(9-11月)がベストシーズン!!
こちらの表で新島の年間平均気温が一目でチェックできます。旅行準備の際の参考にしてみてください。

1-3.島でのコロナ対策

現在、島で行っているコロナ対策についてご紹介します。少しでも多くの方に感染対策をしていただき、安心して楽しめるように皆さんも島を訪れる際は感染対策しましょう。
新島が行っている感染対策の一例を紹介します。
① グループや団体など多人数でのご来島はお控えください。
② ご来島前に発熱や体調不良がある場合は、無理をせずご来島を見合わせてください。
③ 必ず事前に宿泊先の予約をお願いいたします。来島されてからの宿泊施設の紹介は行えません。
他にも島が行っている感染対策がありますので、詳しくは観光協会HPをご確認ください。

 

新島を楽しむアクティビティ

ここでは新島を楽しむアクティビティができる海水浴場をご紹介します。ダイビングやシュノーケリング、釣りなど自分にあった海水浴場がみつかれば楽しみが増えます。車がなくても新島港から徒歩で行ける海もあるので海目当ての方には必見です。

2-1.海水浴場

新島を代表する海水浴場5つをご紹介します。
新島に来たら1度は訪れておきたい海水浴場への行き方や、おすすめの楽しみ方を記載しているのでぜひ参考にしてみてください。

-羽伏浦海岸-

新島の代名詞的海岸、島を訪れたらまずここへ!
新島の東海岸に6.5Kmにわたって続く真っ白い砂浜と海の青のコントラストには感動です。
さらにサーフィンのメッカとしても知られています。

【詳細情報】
・新島港から車で約10分(駐車場あり)、新島港から徒歩45分
・トイレ、シャワーあり

-本村前浜海岸-

海沿いの海岸沿いの道路はサイクリングにピッタリ!
夏季には、ヒリィと呼ばれる日除けと浮島が設置され、多くの家族連れで賑わいます。

【詳細情報】
・新島港から徒歩約20分
・トイレ、シャワーあり

-間々下海岸-

透明度が高く磯遊びも人気!シュノーケリング好きにもおすすめ!
日陰になる箇所がないので、パラソルなどを持参していくと良いでしょう。 湯の浜温泉が近くにあり、海で遊んだ後に温泉も楽しめます。

【詳細情報】
・新島港から徒歩で約10分
・湯の浜温泉にシャワー、トイレあり

-黒根海岸-

島の玄関口。屋外シャワーやトイレ、売店が設備されていて利便性が高い海岸です。
目の前の桟橋で釣りも出来ることから、それぞれ好みのアクティビティを求める家族にもおすすめです。

【詳細情報】
・新島港から徒歩1分
・船客待合所にシャワー、トイレ、自動販売機等あり

-若郷前浜海岸-

波も穏やかで本村前浜と比べ比較的空いている穴場スポット。
近くに公園もあるため、小さなお子様連れのご家族にもおすすめです。

【詳細情報】
・新島港から車で約30分(駐車場5台無料)
・トイレ、シャワーあり

2-2.レンタサイクル

レンタサイクルができるお店をご紹介!自転車を借りて島を周ってみませんか?比較的安く、気軽に島内を周れるので新島を訪れた際はぜひ利用してみてください。

-吉山商店-

…前浜海岸まで徒歩1分の所にあるお店。

営業時間:8:30~18:00(夏季7:30~19:30頃)
定休日:年中無休(臨時休日あり)
料金:・大人用自転(子供乗せ自転車)4時間500円~
・電動アシスト自転車:4時間1,000円~
・子供用自転車:1日(24時間)500円
住所:〒100-0402 東京都新島村本村1-6-8
詳しくは公式サイトまで。

-有限会社エレガンス-

…新島のメインストリート沿いにある南国風のお土産店。

営業時間:夏8:30~23:00/冬8:30~18:00
定休日:水曜日
料金:(8:30~20:00)
・ギア付き:1,500円
・ノーマル:1,000円
・キャリー付き:1,300円(サーフボードも楽々運べちゃいます)
住所:〒100-0402 東京都新島村本村5-5-17
詳しくは公式サイトまで。

 

新島を満喫!~ゆったり旅スポットをご紹介~

新島に来たら1度は行ってほしい温泉スポットやお土産屋さん、新島の有名なグルメをご紹介します。
島ならではの景色を見たい、おいしい食べ物を楽しみたい、など自分に合ったゆったり旅を探してみてください。

3-1.温泉

新島を代表する2つの温泉を紹介します。海岸の近くにある温泉は海で遊び疲れた体に癒しを与えてくれるはずです。

-まました温泉-

…サウナ、露天風呂、浴場と充実した設備が整っている温泉施設。
露天風呂からは間々下海岸が見えます。また、羽伏浦海岸の白砂を天然の温泉で温めた砂風呂が併設されており、海遊びで冷えた体を芯から温めてくれます。

【詳細情報】
・新島港から徒歩約10分(駐車場完備)
・午後1時~午後10時 ※午後9時30分受付終了
・休館日:水曜日
・大人 300円、子ども 150円、70歳以上 200円

-湯の浜露天温泉-

…古代ギリシャをモチーフにした建物が目印です。
大小6つの温泉があります。また、24時間お湯がはってあるので、満点の星空の下でゆっくりと湯を楽しむことができます。

【詳細情報】
・新島港から徒歩約10分
・24時間、年中無休(清掃時除く)
水着着用
・料金:無料(シャワー有料)

3-2.新島のお土産

旅の思い出にもなるお土産の紹介します。島ならではのアクセサリーや海の幸、名物であるくさやのお店などおすすめで品揃えが豊富なお土産屋さんを選びました。
家族や、友達、恋人へのお土産選びの際には必見です。

-みや藤-

くさやをはじめ、赤いか(剣先イカ)を使った塩辛も人気です。新島に来た際には是非1度立ち寄ってみてください。

【詳細情報】
営業時間:8:00~18:00
定休日:日曜日
住所:〒100-0402 東京都新島村本村6-4-14
公式HPはこちら

-前忠商店-

…豊富なラインナップを揃えているお土産屋さん。衣料品も販売しており、なかでもデッドストック感漂うハデハデTシャツや帽子などが面白いです。
島の素材を使ったアクセサリーなども人気。レンタサイクルも行っています。

【詳細情報】
営業時間:8:00~20:00(夏季・連休は7:30~20:00)
定休日:年中無休
住所:〒100−0402  東京都新島村本村5−1−12
公式HPはこちら

-紅屋(べにや)-

…メインストリートにあるお店。店内には新島のお土産コーナー、ドリップコーヒーコーナー、おもちゃなど品数豊富です。
中でも店内で作る和菓子は地元から大変愛されているそうです。また、カフェ(CAFE BINI)も併設されています。

【詳細情報】
営業時間:7:30~19:30
定休日:水曜日
住所:〒100-0402 東京都新島村本村6-1-6
公式HPはこちら

3-3.グルメ

新島のおすすめ、人気グルメをご紹介!来島したら1度は食べたくなる島ならではのグルメも注目してみてください。

-カジヤベーカリー-

…島外からの注文や観光のお土産として賑わう人気店!
魚フライやハンバーグ、ソーセージなどの総菜パンや、アンパンやメロンパンなどの甘いものまでラインナップが豊富です。
店内には飲料も販売しています。素泊まりの方、朝はパン派の方におすすめ。
【詳細情報】
営業時間:7:00~19:00
定休日:火曜日
お問合せ:TEL:04992-5-0179
住所:〒100-0402 東京都新島村本村1-8-6

-日本橋-

…島の食材をふんだんに使った料理が人気の居酒屋。夏季はすぐにいっぱいになってしまうので、事前に予約することをおすすめします!
夏はランチも営業しています。店内にはカラオケも完備。小上がりとカウンターもあります。

【詳細情報】
営業時間:ランチ11:00~14:00(夏季のみ)、ディナー18:00~24:00
定休日:水曜日
お問合せ:TEL:04992-5-1890
INFO:座席の予約・店内貸切(20人くらいまで)
住所:〒100-0402 東京都新島村本村1-3-6

-栄寿司-

…「島寿司」はもともと八丈島の郷土料理で、その時に取れる白身魚をタレに漬け、酢飯で握って練りからしで食べます。
開店30分前から行列ができるほどの人気店です。

【詳細情報】
営業時間:11:30~14:00/17:00~22:00
定休日:不定休
※定休日・営業時間は変更になる可能性があるため、事前に確認してください。
住所:〒100-0402 東京都新島村本村5-2-9

新島へ少しでも興味を持っていただけたでしょうか?家族、友達、恋人、誰と行っても楽しめる場所がたくさんあります。
ぜひ1度は訪れていただき、皆さんが新島で素敵な思い出を作ることができますように。伊豆諸島の旅で迷ったら是非新島を検討してみてください。

トラベルイン編集部

トラベルイン編集部

スキー&スノボーツアー・国内旅行の予約ならトラベルイン

トラベルインでは冬にスノーボードツアー&スキーツアーを、夏にはJR新幹線の宿泊・日帰りツアー、富士登山や海水浴を楽しめる伊豆諸島ツアー、いつでも楽しめるコテージ・貸別荘の宿泊プランなど多彩な旅行商品ををご用意しています。24時間オンラインから予約OK!

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ